公式LINEに登録してプレゼントをGETする公式LINEに登録する

「無料情報」と「有料情報」の違い

目次

無料情報は取り放題

マツケン
「無料情報」と「有料情報」の違いについて話そうと思います。

この時代情報が溢れているため、いつでも欲しい時に得られますね。

ブログ
SNS
クラブハウス
Twitter
Instagram
Tiktok
YouTube
など

過去の情報、現在の情報、未来の情報を取り放題

ネットの成長がここまで波及してきたのは間違いありませんね。

検索もGoogl検索からSNS検索へと変化があり、NFTやメタバースといったものまで海外主流のものまで日本に上陸してきてます。

情報も見ることも無料がほとんどですね。

新聞、雑誌、辞書などからは大分距離を離れてき始めました。

どちらかというと、もういらないですよね。

それくらい情報は手にすることが容易になってきてます。

無料は無料の情報

また昔と違って、「情報を買う」なんてこともほとんどなくなりましたね。

そして、無料でも情報の質が上がり誰でも簡単に手にすることも自由にできます。

検索力があれば何でも手にすることができます。

ただし、ネットの世界でも現実の世界でも情報は無料で手に入りますが、無料は無料の情報には変わりはないんです。

情報を得るなんてけしからん!とか
情報はもう買うものではない!とか

こう言っている方も事実います。仕方がありません。

無料も無料なりの遠周り

ただ、無料も無料なりの遠周りになることの要素は含んでます。

結局は、遠回りにはなります。

確かに無料の情報の質は上がりました。

最近のネットは世界的にみても中国、アフリカ、インドにはどの国もある意味超えることも張り合うことすらできない時代にもなりつつあります。

どんどん、コアな情報や手に入らない情報もネットも潜んでいるのも事実です。

これは、それでいいのかもしれませんが、知らないことは知らないままになるわけですから。

しかし、情報は、手にしたら満足で終わる可能性も含んでます。

それはやはり一般論でしかないからなんです。
実行するとか、行動に移すかというと、それはまた別物なんです。

無料情報は浅い情報

私も本当のことは事実、腹の奥底にしまってます。
メルマガや、コミュニティーでしか話しません。

リアルな話も表では、なかなか言いません。

そんな感じです。笑

無料情報は、万人に受け入れられるような広くで浅い情報にはなってることは確かにあります。

有料情報をなぜ?販売するのか?

では、有料情報をなぜ?販売するのか?
もちろんそれはそれで、ノウハウや実践、カリキュラム、テキスト、プログラムなど、ビジネスとしてはあります。

ただそこには、明確な線引きがあるんです。

私の中では、こうです。

具体性があるもの
体験型であるもの
経験型であるもの
低品質顧客の排除
マインドセット

このように、

情報
知識
知恵
応用
代行
体験
経験

7つがあります。

全て無料でもあれば、有料のものまで揃ってます。

情報、応用、体験、経験、方法、実戦

私の場合は、情報、応用、体験、経験、方法、実戦

プラス要素を含んでます。

あたり前ですが、無料ではサポートは入らないし、その後のカバーなんてものもないです。

その反面、有料はそうはいきません。

コミュニケーションを取ったり、Q&Aにも対応し、最後まで解決さるため全力である必要があると思ってます。

人は無料情報は欲しいからその時は喜びます。
しかし、その後は大事にはしませんね。

本気にさせるのはリスクが大事

本気にさせるのはリスクを伴った時です。

これって本当にそうなんです。

私は過去に高額塾に入り、48万円を2回払いました。

やっぱり死に物狂いで、会社をサボってまで参加しました。
合宿にも参加しました。

だから今があると思ってます。

優良な情報を無料でいただく機会

ビジネス仲間から優良な情報を無料でいただく機会もありましたが、やっぱり人間って無料だから必死になったかというと正直、今それはどこにいたかすらわからなくなってしまってます。

結局はお蔵入りです。

有益な情報のYouTubeですらそうじゃないでしょうか?

動画見終わった後、必死にしがみついて実践したかってそうではないはずです。

なぜかというと、人って失うものがなければ本気にならないからなんです。

なので、有益な情報は、顧客をふるいにかける意味でも有益情報は私は、有料にするのです。

実はもう一つ理由があります。

一定数本気度の低い顧客

それは、広く浅い中で集まる顧客の中には一定数本気度の低い顧客もいるわけです。

いてもいいのではと、思ってらしゃる方もいると思うのですが、環境が低下してしまう原因が生まれてしまうんです。

私のブログや、YouTubeなどのコメントにも無料からのご質問は少し考えもののコメントやメッセージがあります。

やっぱり集まってはいけない人っていうのも、ある一定数います。

私は、そんなに数を求めているわけではないのたくさん売れなくてもいいのです。

本気で取り組んでいただける本気度の高い良い顧客のみで長〜くお付き合いしてます。

コアな情報をお届けする

少数にこっそり、コアな情報をお届けする方が、お互いのエネルギーが上昇し、ビジネス展開もうまくいくんです。

無料の情報は、誰にでもパクることもできますしそれが簡単ですよね。

ブログ記事でもYouTubeで配信している人を見ていると、その情報って真似てるな?なんてことも多々あります。笑。

でもほとんどの人はそこを気がつかないんです。

インフルエンサーにだけついて人の特徴

無料で手にすることができるので、インフルエンサーにだけついて行ったり有名人の情報を手にする人も多過ぎます。

そういう人たちに共通しているのはうまく行っている人っていないんです。

本当なんです。

やっている感があるので、やっていると本人は思っているんです。

ただ、結果は動いているだけで、何も変わらない。

情報も組み合わせなんです。
応用なんです。

その点、うまく行っている人は、理念、志がしっかりして自分軸で物事が判断できる人です。

有料ノウハウも組み合わせ、応用、知恵

有料ノウハウも組み合わせ、応用、知恵を使って自分のものにしてます。

うまくいかない人は、
「これってどうやるんですか?」
「どれくらい稼げるんですか?」

こんな感じです。笑

無料情報は、中毒性があり一時的なものや突発的なものも含めバランスが実はないんです。

稼げている人で、「有料な情報や塾やスクールに入ったことって一度もないです。」って言っている人は独りもいません。

野球で甲子園に出場するチームは無料の情報だけで、決して参加してないはずです。

知恵、応用、体験、経験、実践していますよね。
(もちろん甲子園出場していないチームも同じです。)

このように、有料情報が確実に有益って話ではないにしても、その違いがあるってことはしっかり頭の片隅に置いておくのもいいですね。

コメント

コメントする

目次